Search
  • guillem303

「懇願している自分」に気づいた


昔「麻痺したくない」という自分が幼いながらにいました。すごいじゃないの自分!と、さっき気付きました。


昔クラシックバレエをしていましたが、怪我していたけど踊っていて、このまま踊り続けたら絶対身体が可哀想なことになる、、と幼いながらに逃げるようにバレエから遠ざかったこともありました。


上京当時電車内や乗り継ぎで、人との距離が近すぎるし人が沢山で、知らず知らずに隙間を埋めるような時間や人の流れに疲労困憊でした。その時に、麻痺したくないと思い続けて、でも麻痺せざるを得ない自分にちょっと苛立ちがあったのも覚えています。


仕方ない状況はありますが(仕方なくないとも言えますが)、「麻痺したくない」と過ぎる、懇願している自分に気づいていることは、すごいことだと思います。


行動してみるか、しないかは、自分次第だなあ、と。そしてやるやらない、以上に選択肢は多いなあ、と今の自分は観じています。


私は電車とか、人の流れとか、自分にとって1日のメインではなさそうな部分の生き方を変化させていったら、本当に楽になりました。「麻痺したくない」と懇願している自分がいることに気づく、そこを俯瞰して観ていくと自分の在り方がよくまあここまで変わってきたなあ、とさっき気づきました。


実は、自分が自分に懇願していることってありますか?


それをどうやっていくか、ちょっとやってみませんか?


私はまた新たな懇願に気づいているので、、工夫してやってみます。



71 views0 comments

Recent Posts

See All