Search
  • guillem303

生きちゃってるということ

生きちゃってます、ありがたいことに。しかも身体があるから、身体を通していろいろ観じたり、自分の身体の解らないことが多すぎるけど、とりあえず操縦しちゃってたり意識して操縦してるの、すごいなあと思ってしまいます。


スマホを触らず、家族や講師という役割を外し、そのままでいると、目の前の景色や、聞こえる音や、肌に触れる感触が新鮮で、我にかえると「ありがたいなあ」という感情が湧いたり、人と触れると何か「心」というものがあるんだなあと観じたりします。


この記事を書いていてふと顔を上げると、いつかの人生の先輩でありヨガの生徒さんに1年ぶりくらいに見かけて、思わず声をかけてしまいました。


必然で、そんな見過ごしそうな瞬間が沢山で、かけがいのない瞬間、今がたくさん連続して生きちゃってる、生かされているのだなと観じます。


ヨガのポーズもよく写真で撮ったようなずっと止まっているようですが、呼吸で体って膨らんだりかたちを変え続けてるし、筋肉は微細な収縮によって揺れたりするし、今今今…と連なって止まってるように観えるだけです。


そう考えると身体といえるものがある人間は、ヨガのような丁寧に身体を扱うような行為や、ひとり喜怒哀楽を感じたり、人とコミュニケーションをとったり、何かを共有したり提供したり、sexとかも、丁寧に向き合うような時間は、時間がないようにも観じられたり、スマホなんて触ってる暇がなかったりして、貴重なことなんだなあと思います。


生きちゃってるということは、イベントのような大きな経験がなくてもいいから、今今今の経験が連なっているのだと、人間故か、私はありがたく観じます。


と、またかたいお話になりました…。



35 views0 comments

Recent Posts

See All